Wixアイキャッチ画像3

Jimdoの概要

No.3
商用
広告表示 広告なし
容量 500MB
FTP
URL形式 サブドメイン
CGI
DB
総合評価
サンプルページ こちら

Jimdo(ジンドゥー)はクラウド型CMSを利用したWebサービスなので、インターネットに接続できるパソコンさえあれば、どこからでもホームページの編集ができます。また、レイアウト等の編集作業をドラッグ&ドロップで直感的に行うことができ、初心者でも簡単にホームページを制作できます。

Jimdo(ジンドゥー)のレビュー、評判

Jimdo(ジンドゥー)は、Jimdoは2007年にドイツで誕生した、新しいオンラインホームページ作成サービスです。ホームページ制作ソフトを使わず、インターネット上で簡単にホームページを作れます。日本ではKDDIが協業パートナーです。

 

Jimdoの長所

①操作方法が超簡単
Jimdo(ジンドゥー)は、クラウド型CMSを利用したWebサービスなので、インターネットに接続できるパソコンさえあれば、どこからでもホームページの編集ができます。パソコンに専用のソフトをインストールする必要もないので、どのパソコンからでも作業ができます。

またドラッグ&ドロップ、文字入力等の簡単な操作だけで、専門的な技術や知識が無くても直感的にホームページを作成・更新できるのが最大のメリットです。

②見栄えがいいホームページ簡単に作成ができる
Jimdo(ジンドゥー)には、見栄えのいいホームページを簡単に作成できるように豊富なテンプレートが用意されています。

作成する際には、画像とコピーを用意しておけば、後は選んだテンプレートにあてはめていくだけで、簡単に素敵なホームページが制作できます。写真で商品をアピールしたい業種などには最適なホームページが作成できます。

③無料で使えます
Jimdo(ジンドゥー)には有料版と無料版(JimdoFree)が用意されています。無料版(JimdoFree)は有料版と比べると機能は限られていますが、初期費用、月額費用などすべて無料なので、コストを抑えたい方にはおすすめです。

無料版から有料版に移行することも可能なので、まずは無料版で試すことができます。

④その他の長所
Jimdo(ジンドゥー)は、項目の追加・削除、送信後のメッセージ変更、スパム防止の設定など、フォームをカスタマイズすることができます。カスタマイズを利用することで、問い合わせ、申し込み、予約フォームなど、さまざまなフォームを作ることができます。

また、無料でショップ機能を利用でき、PayPalに対応しています。フォトギャラリーは「Flickr」とも連携でき、機能も豊富です。

Jimdo(ジンドゥー)の長所 まとめ
 ① 操作方法がとても簡単。
 ② 見栄えがいいホームページ簡単に作成ができる。
 ③ 無料で使えます。
 ④ フォームをカスタマイズすることができます。
 ⑤ 無料でショップ機能を利用できます。
 ⑥ フォトギャラリーは「Flickr」とも連携できます。

 

Jimdoの短所

①全部自分で作らなければいけない
Jimdo(ジンドゥー)はクラウド型のWebサービスなので、初期設定からデザイン選び・レイアウト・画像の配置など全ての制作作業を自分で行わなければなりません。操作そのものは簡単ですが、まったく未経験の初心者が制作するとなるとそれなりに作業時間はかかります。

実際に制作する際には、あらかじめそれぞれのページ内容(文章や写真)など用意しておいて、デザイン、レイアウトなどを決定しやすいようにすることが大切です。

②無料版の場合はサイト上に広告が表示される
Jimdo(ジンドゥー)の無料版(JimdoFree)では、アメブロなどの無料ブログと同じようにサイト上に広告が表示されます。デメリットとしては、広告がクリックされてしまい本来見て欲しいページが見てもらえず、お問い合わせや資料請求に結びつかない恐れがあります。

③SEOに弱い
Jimdo(ジンドゥー)は、SEO(検索エンジン対策)に弱いという短所があります。多くの人に見てもらうためのSEO対策ができず、上位表示が難しいくなる可能性があります。

SEOでは、タイトルタグやディスクリプションなどのメタタグ設定がページごとに必要ですが、Jimdoの無料版は、ホームページ全体の設定しかできません。ほかにも独自ドメインを利用できない、不要なHTMLコードが多いなどの問題があります。

④その他の短所
Jimdo(ジンドゥー)には有料版も含め電話相談窓口がありません。サポートもマニュアルもオンラインだけとなります。十分なサポートが受けられないため、不明点があっても、なかなか解消できない可能性があります。「やり方がわからない」「挫折した」など、サポート面の評判はあまり良くはありません。

またJimdo(ジンドゥー)では、他社で取得したドメインをJimdo(ジンドゥー)に移管することはできません。Jimdo(ジンドゥー)で取得済みドメインを利用するには、DNSの変更など複雑な設定が必要となりますが、この設定はユーザーが自分で行わねばならなりません。また、無料版(JimdoFree)は独自ドメインが利用できないので、移管したドメインを使用するには有料版へのアップグレードが必要となります。

その他、Jimdo(ジンドゥー)は解約の手続きが少し面倒で、有料版の解約手続きでは一旦無料版にダウングレードした上で手続きを行わなければなりません。また、無料版の場合、有料版の「無料トライアル期間中」は解約できないという縛りがあるのでご注意ください。

Jimdo(ジンドゥー)の短所 まとめ
 ① 全部自分で作らなければいけない。
 ② 無料版の場合はサイト上に広告が表示される。
 ③ SEOに弱い。
 ④ 有料版も含め電話相談窓口がない。
 ⑤ 他社で取得したドメインをJimdo(ジンドゥー)に移管することができない。
 ⑥ 解約の手続きが少し面倒。


人気無料ホームページランキング