コンテンツ作成支援

現在、さまざまな業種の企業がホームページを使った集客を行っています。

その結果、さまざまな無料ホームページ制作サービスがリリースされ、プログラミングなどの専門知識がなくても「誰でも簡単に」ホームページが作れるようになりました。

但し、それは「入れ物」としてのホームページの話です。

どんなにキレイな入れ物ができても、提供している情報の質が良くなければ効果的な集客に結び付けることはできません。

そんな中、集客効果をあげるためのSEO対策として目にする事が多くなったのが「コンテンツ重視」です。

高品質なコンテンツを自社内で制作するのは簡単ではありません。

企業サイト1

それでは、高品質なコンテンツとはいったいどんなものなのでしょうか?

ホームページの目的が集客であるならば、コンテンツはアクセスしてくれた消費者の心をつかむものでなければなりません。

消費者の心をつかむコンテンツには、

①新鮮な情報であること
②分かりやすく具体的な情報であること
③アクションが起こせる情報であること

この3つが最も大切です。

しかし、消費者の心をつかむ情報=コンテンツを発信できているホームページはごく僅かです。

これは企業がホームページをつくる事に重きを置きすぎて、本当の中身であるコンテンツの開発を行っていないからです。

①の新鮮な情報とは、その時々の時代のトレンドをきちんと反映し、タイムリーな切り口で検索キーワードを組み込んだ記事づくりで消費者の関心に応えられる情報です。

また、②の分かりやすく具体的な情報とは、消費者に訴求したいポイントをホームページの構成に合わせて理解しやすくした情報です。

ところがほとんどの企業では、社内で高品質のコンテンツを開発することができないので、外注の制作会社などにコンテンツを発注したり、クラウドワーキングを利用して記事の外注化を進める企業が増えてきています。

こうした流れは、コンテンツSEOを進めようとする企業にとっては無視する事ができないものとなっています。

現在、クラウドワーキングなどでライターを探すこと自体は難しくありません。しかし、実際に集客に結びつく記事を書いてもらえるのかどうか?という事になると、数多くいるライターの中で誰に依頼すればいいのか判断基準が難しくなります。

また、集客に結びつきキーワードの選定や記事のテーマの決定など、一般企業の担当者が担当するには専門的な知識や経験が不足しているというのが現状です。

このページを見ていただいた方の運営しているホームページで下記のような問題で悩んでいる方は、ぜひこちらの「お問合せフォーム」からご連絡ください。完全丸投げから一部代行まで、お客様の求める成果にあったコンテンツの開発を必要に応じてサポートさせていただきます。

チェック タイムリーにサイトの更新ができない
チェック 集客に結びつく記事が書けない
チェック 画像がないのでテキストだけになってしまう

コンテンツ作成スタッフの紹介はこちら⇒